Osakana-Club ”もんどり”

「ペットボトルでもんどり」を作ろう!
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

その1・アバウトな作り方編

 2004年の春、体調が好くなかった事もあってそれまで毎晩飲んでいたアル
コールをやめてみました。ただ少しとは言っても毎晩飲んでいたのでキッパ
リ止めるのは辛かったので、(意志が弱い)アルコールの代わりに2リットルの
ペットボトルのお茶を購入しそれを飲
んでごまかす事にしました。
そんな訳で我が家には、2リットルのペットボトルが毎日1本ゴミとなって溜
まってしまうことになりました。
 空のペットボトルは「結構邪魔やな〜」とか思いながら、ぼ〜〜っと眺め
ている時に以前ネットで観たペットボトルの利用法が頭に浮かびました。
( ̄ー☆キラリーン   何時ものonsenclub支配人の場合は浮かんだだけで
終わってしまいますが今回はいつもとちゃいます!!
何と言っても目の前にペットボトルがありますから・・・・・と言う事で早速
「ペットボトルで”もんどり”を作り」に挑戦!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!しました。

  用意するもの
    材料 2リッターのペットボトル  1本
        めがねクリップ        1個 (無くても可)
        なんか縛る時用のビニールの紐
    道具 大きいめのカッターナイフ
        錐               以上
     
  1.最初に注ぎ口の部分の白いプラスチックをカッターで切り落とす。
  2.切った所から10センチぐらいの所をカッターで切り2つに分ける。
  3.上の部分をひっくり返し注ぎ口があった方から残った下の部分に
   突っ込む・・・ん〜〜解りますか?....( ̄〜 ̄;)??
   実物を見たことの有る方にはわかると思うんですが・・・・とりあえず解
   ったものとして進めます。
  4.錐を使って底の部分と側面に穴をあけます。穴の数と配置は各自
   お好みで・・・私の場合は結構アバウトにやっちゃいました。
  5.あけた穴を利用して紐を通してこれも適当な長さで切る。紐の端っこ 
   にめがねクリップをつける。
  6.とりあえず完成です。(^○^)お!(^□^)め!(^◇^)で!(^▽^)と!(^・^)う!
             
            見たことの無い方に完成品

 

            使用時↓

          

  *クリップは無くても大丈夫。たまたま作業終了時に余ってたのがあった
   のでつけた方が便利かなと思って付けてみました。カッターは危険で
   すから気を付けて!
                                    つづく


 「ペットボトルでもんどり」を作ろう!
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

その2・もんどりとは何ぞや?編

 約30分の作成時間でもんどりは無事完成しました・・・が、此処で掲示板
「もんどりって何??。」と言うお尋ねを頂きましたので、簡単にお答えし
ますと、この中に魚の餌を投入して川の中に沈めます。
後は30分ぐらいそのまま沈めておくと、ペットボトルの口を切り取った所か
ら餌の匂いに釣られて腹ペコの小魚が入って来ます、ここに一度入るとお
魚の習性により出られなくなります。
で、運がよければ小魚等が中に入ってる・・・という優れものの魚とりグッズ
なのです。
それじゃ〜せっかく作ったので”実際に試してみるべ〜”と思い、2004.9.12
朝5:00に起床して6:00に魚とりに出発しました。場所は自宅から車で
約10分の山の中の渓流です。まだこんな所が近くに残ってました。


               

 持って行くもの
   1.もちろん「ペットボトルもんどり」
   2.餌・・・100円ショップで熱帯魚用に買ったタナゴの餌と金魚の餌・ 
    チョット高級な熱帯魚用のフレーク状の餌の3種類
   3.魚が取れたら入れる為のビクが無かったのでプラスチックのタッパ
      (一杯取れたら入らんよ〜と心配しつつ・・・)
   4.私の餌・・・パン1個・缶コーヒー・お茶(これは別にいらんかも〜)
                                      以上
山の麓までしか車は入れないので、愛車は遠慮がちに路上駐車です。
路上駐車決行中、地元のおじさんに「山に登るんか?」と聞かれてドキッ!
路上駐車の後ろめたさもあって、愛想良く「はい!2時間ぐらいですけど」と
答える。おじさん「空気もいいし気持ち良いからな〜」みたいな返事。
もうチョットしゃべっといた方が印象良いかなと思い「上に行ったら何がある
の?」とわたし・・・すかさず返ってきたおじさんの「な〜んもあらへん」のお
言葉に見送られてそそくさと山に入って行ったのさ。
                                      つづく

「ペットボトルでもんどり」を作ろう!
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

その3・ポイント探し&用意編

周りを見ると緑1色で気分もいい。もんどりをセットするのに良いポイントを
探すのに道沿いの川を覗きつつ、とりあえず今日のポイントの条件は・・・

  @川に降りやすいこと。危険な事は避けて通る・・・特に平然と立ってる
    マムシに注意!!の看板のある所には近寄らない。
  A浅瀬で水の流れがそこそこある。
  Bよ〜く見たら泳いでる小魚が確認できる。お魚のいない所でやっても
    取れません。

山に入って歩く事約10分・・・なんとなくいい感じのポイント発見!どれどれ
魚影は・・・いるいる3〜8cm位の奴が生息してます。
此処に決〜めた。ということで今度は

 もんどりセッティング
  @まず、その辺にある石ころを錘としてペットボトルの中に入れます。
    大きさはペットボトルを川の中に沈めた時、川の流れに流されない 
    位の量。石の大きさは問いません。
  Aボトルの中に用意してきた餌を入れます。適量・・・あんまり少ないと
    漬けてる間に流されて短時間で餌が無くなってしまいます。餌が早く
    無くなったら魚も入りません。
  B足元に注意してボトルを川の中に漬ける。このとき必ずボトルの底が
    上流に向くようにセットする。こうして置くと入った魚は水の流れに向
    かって泳ぐという習性があるそうなので1度入ると逃げられない・・・
    らしい?最後にもんどりが流されないように紐を近くの石か木に縛っ
    たらセット完了です。

  錘の石と餌が入ったところ、この状態で右側を上流に向けて沈める。

   

  Cセット出来たら魚が入る所を見たい気持ちをぐっと抑えて少し離れた
    所までお散歩にでも行きましょう。人の気配がすると警戒してなかな
    か入ってくれません。後は30分位時間を潰したら戻ってきてボトル 
    を引き上げましょう。運が良ければ中にはお魚が〜〜〜。


↑注・・・こんなのは泳いでません!
と言う事でセッティングを終えた私は30分の時間つぶしを兼ねてもう少し
上流の方に次のポイントを探しに行ったのさ。
                                     つづく

 
「ペットボトルでもんどり」を作ろう!
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

その4・収穫はあったのか?編

30分後戻ってきた私は「入ってるかな〜 」と思いながらもんどりを引き上
げましたが・・・もんどりの中の水は餌がグルングルン舞ってて視界ゼロ、
おまけに錘の石がゴロゴロ・・・「やっぱ、あかんかったか〜」と思ったその
時、なんか赤い物体が見えた・・・サワガニでした。サワガニが入るとは思
ってなかったのでビックリするやら嬉しいやら。(嬉しいんです)
水も全部無くなってやっぱり魚は入ってへんかと思った時錘の石のところに
動く物・・・ちっちゃい魚が3尾バタバタしてました。
という事で記念すべき第1投は、サワガニ1匹・モロコらしい2〜3センチの
魚3尾という結果になりました。
その後、同じ場所で2回挑戦しましたが、2回目坊主(0尾)3回目モロコの
ような奴2尾という収穫でした。

  

2時間ほどでしたが、取った魚は家で食おう!??と違って飼おう!と思っ
て持って帰りました。
その後も9.15日にもう一回行きましたが、この日は2回目の途中で雨が降
ってきたのでモロコ3尾とヨシノボリのような奴1尾の収穫で帰りました。
実際やってみて改良した方が良い所とか有りますが、とりあえずは問題な
く使えることは間違いありまへん。

持って帰ったサワガニと8尾のモロコ・1尾のヨシノボリはその後・・・。



                           とりあずはおしまい<(_ _)>


 「ペットボトルでもんどり」を作ろう!U
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!


その5・小魚捕獲専用もんどり編
最近は少し寒かったこともあってもんどりには行ってませんでしたが、
2004.12.14 朝6:30 お天気も良かったので「チョットもんどりにでも行こう
かな」と思ったのさ。
しかし2リッターペットボトルは結構大きくて「魚持ち帰り用タッパ」や「熱帯
魚の餌」なども入れるとお荷物一杯・・・今日は「ONSENCLUBスペシャル通
勤チャリンコ」で家から5分のポイントに行くつもりだったので500ml.ペット
ボトルで小魚用もんどりを作ってみましたのさ。
作り方は同じで改良点はボトルの口の部分を切り取らずそのままにしてあ
るだけ・・・口が大きいと逃げてしまう魚が多いのでそのまま残したのであ
って決して手を抜いた訳ではありません・・・(^_^;)
ということで出来上がったのがこれ↓
               
で、いざ出発・・・。

「ペットボトルでもんどり」を作ろう2!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

その6 ポイント攻略開始・・・編

「ONSENCLUBスペシャル通勤チャリンコ」で爆走5分ポイントに到着!
さっそく「もんどり2号」に餌をセットして岸から1メートル水深約10センチの
所に仕掛けを沈めてみた。そして待つこと5分・・・何処からこんなに集まっ
てきたんだろうと思うぐらいの小魚が・・・予想以上の餌の評判の良さ(どう
も仕掛けの作りの良し悪しではないらしい)に仕掛けた本人の方が驚く位
の大盛況でした。という事ですぐに取り込み!1回で40匹位をゲットしまし
た。今回は自分の家で飼育するのに十分な収穫だったので意味無く沢山
獲るのは止めてこれで帰ったのでした。
            ↓小魚の大群が〜〜ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー



                           その7につづく・・・(´・ω・`)


「ペットボトルでもんどり」を作ろう!U
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

その7 小魚のその後・・・編
1回でたくさん獲れたのは良かったが、今回はみんな同じ魚だった。前回
のようにヨシノボリ系や川エビ系もゲットしたかったのだが残念ながらダメで
した。今度はまた別のポイントを開拓せねば・・・。
前に取れた魚も今回の魚もモロコだと思っていましたが、先日岐阜県の東
海北陸道「川島PA・ハイウェイオアシス」に隣接の岐阜県世界淡水魚園水
族館「アクア・トト ぎふ」で色々な魚を見たが、どうも「ハヤ」?という魚のよ
うでした。(たぶん・・・自信はないが・・・)
んで、今回の収穫の「ハヤ」の面々は2つに分けて1つは自分の部屋でもう
1つはベランダで飼育中です。
              ↓部屋で飼育中の「ハヤ」?

やっぱりワイルドな魚は濾過器もヒーターも無しで部屋・ベランダともに元
気に☆になる事も無く育ってます。
おっと、前に獲ったお魚は熱帯魚飼育開始の再に故郷の川に戻しました。
また新たな成果があったら更新致しますがとりあえず一旦おしまい。

新たな釣果があるまでお休み。。。((((((^o^;


                             背景はコリドラス大好き!さんのHPよりお借りしました。