Osakana-Club ”エビ伝説”

"エビ伝説"に挑戦するぞ!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

はじめに

2004.9.29(水)  
 今日は休みだったので、@熱帯魚水槽の濾過器につけるスポンジ濾材を買うA売ってるコリ
ドラスを見る。B他になんか良いものが無いか物色する・・・ためにホームセンターに行った。
@のスポンジ濾材はすぐに見つかったので、2個入り378円也のものを購入。Aのコリドラス
は変わった奴いないな〜で終わりBの物色に移った・・・。
 いつも見る棚は相変わらずで目ぼしい物を発見出来なかったので、「今度は農業じゃ!」と
思い観葉植物売り場に移動しようとした・・・その時、視界の隅のほうになんか気になる物(文
字)があった。

なんだろう?それは棚の奥のほうに1個だけ売れ残っていた。手にとって見ると、でっかい字で
生きた化石  エビ伝説」「2億年前からやってきた古代生物  カブトエビ飼育キット」と
書いてある。箱の簡単な説明をワクワクしながら読むと、カブトエビという生き物を卵から孵化
させて元気に飼育するという飼育セットだった。
最近はじめた、熱帯魚飼育から「生き物飼育マイブーム」のonsenclubとしては、これはチョット
見過ごせない。
それも最後の1個というのに弱いのです。
このような次第で、「お父さん・お母さんと一緒に・・・・」というのがチョット気になったが「エビ
伝説」 1260円のところ898円で購入しました。(安い!)

という事で、「Osakana-Club第2弾」「生きた化石 エビ伝説」に挑戦することにしました。



以下、順次更新していきます・・・が相手は生き物なので孵化しなかったり、いきなり☆になって
しまう事も考えられます。そのような場合はお許しを・・・・。
                                             つづく

エビ伝説とは?....( ̄〜 ̄;)??

基礎知識

 まずは「エビ」について説明書の受け売りを・・・このエビはカブトエビといって、2億年前より
生息していて「生きた化石」とよばれてる。カブトエビは4種類いるそうですがこのセットで育て
るのは「アメリカカブトエビ」といってミジンコの仲間だそうです。
寿命は1.5ヶ月〜2ヶ月で、大半が雌で単体で抱卵し産卵する雌雄同体の生物。卵は「耐久
卵」「乾燥卵」といって水の中に入れると孵化する。という事で水が無くても大丈夫で長期保存
が可能な特殊構造になっている。



うんちくの方はこのぐらいで、箱を開けるとこんな感じです。



エビの卵とエビのえさ・栄養などと一緒に飼育容器が付いてます。(何でこの飼育容器につける
バックの画像がこれなのか?恐竜時代というより火星の画像みたいですけど・・・(@_@))
今回は容器は100円ショップで買ったガラスのビンでやっちゃおうと思います。(当然バックの
画像は使いません!)

これより飼育記録

2004.9.29(木)
 20:45  容器に水道水の1日置いたものを用意してウッドチップとカブトエビの栄養投入。 
       3時間馴染ませる。(熱帯魚用に作っている水を流用)
 23:30  カブトエビ卵投入。(半分だけ、残りは全滅した時の再挑戦用に・・・自信ないから、
       保険みたいなもんですわ)結構弱気で挑戦開始です。
       卵は砂と一緒に入ってるが白いのが卵です。
                ↓砂が光ってて、肝心の卵がどれか解らない<(_ _)>



       卵が一体幾つ入ってるのかは不明です。だいたいの所を数えようと思ったけど、卵
       があんまり小さいのと、最近細かいものが見難くなって来て(ーー;) 老眼か?断念
       しました。孵化まで1〜3日掛かるらしい。幾つ孵るんだろう?

                                 とりあえず孵化するまで・・・つづく


とうとう1匹孵化♪q(^-^q)〜♪〜(p^-^)p ♪

2004.10.2(土)
 22:00  孵化確認 幼生1匹確認!あんまり小さいので気付かなくて白いごみが漂っている
       のかと思った。
       いったい、いつ生まれたんだろう?

      幼生の様子
        ・真っ白 体長1ミリ以下?計測不能・・・。元気良く泳いでいる。
        ・他に孵化は確認できない。
      
      記念の一枚を撮ろうと思ったが小さいのと動きが早いので撮影できなかった。
      撮影はもう少し大きくなってからという事で・・・。
      代わりといってはなんですが・・・セッティング完了時の水槽画像で誤魔化しておく事
      にしよう。


      ビンの底に溜まっている黒いのが↑の「砂と卵」です。
      
   カブトエビうんちく
      ”生まれたてのカブトエビは最初の1週間ぐらいは最初の水作りの時に入れたウッド
       チップからでる栄養を食べて成長する”と書いてあった。

      付属の餌はそれ以降に細かく砕いて与えること。ってそんなんで良い訳?
      「ウッドチップって木屑ことやろ・・・あんまり良いもの食ってへんな〜」
                               
                                       と思いつつ・・・つづく


卵は1個だけだったのか?(-_-;)

2004.10.4(月)
 07:00  相変わらず1匹だけ確認・・・後は孵化してない。体長1ミリ位?
 13:00  エビがあまりにも小さいので、100円ショップのダイソーで虫眼鏡を買った。
       こういうものが必要になってきたのかと・・・「いや!エビが小さすぎるんや」と自分で
       納得させながらレジに並ぶ。
 21:00  なんとなく朝と比べたら若干大きくなったような・・・。
       形もカブトエビらしくなってきている。
       エビは上に行ったり下に行ったりと元気に泳いでいる。

2004.10.5(火)
 23:45  5日経ったが1匹しか孵化しなかった。もしかして卵が1個しか入ってなかった?
       体長は2ミリ超えているかも・・・後の孵化が望めないようなのでとっておいた残り 
       分の卵を投入した。一体何個卵が入っていたのか?
       全部は孵化しないとしても1個は少なすぎ・・・今日投入した分に望みを掛ける。

2004.10.6(水)
       エビ動きがよくない。昨日は良く泳いでいたが、今日はビンの底の方でゴソゴソして
       いる。弱ってきているのか?

2004.10.7(木)
 06:00  朝起きて試しに付属のエビの餌を与えてみる。
 19:00  やっぱり動きが悪い。ビンを少し揺すると動く。
       この間買った新兵器の虫眼鏡で観察。
       揺すった時にいつものエビ(エビ1号と命名する)以外に、埃のような動く物体を発
       見・・・(幼生第2号か?)したがすぐに見失う。
      
2004.10.8(金)
 01:30  エビ1号が自分の体長と同じくらいのエビの餌にへばりついている。
       餌にへばりつく元気があるので安心した。

 
遊泳中の第1次孵化部隊 エビ1号

       ダイソー製新兵器の虫眼鏡で、第2次孵化部隊の肉眼(老眼?)では確認困難な 
       サイズのエビ2号と3号を確認
       やっぱり孵化率が悪いようだが水温が低いためだろうか?
       水換えはいらないんだろうか?換えるタイミングも不明・・・。
       解らん事だらけで、問題山積です。
                        
                      この先どうなってしまうのか不安をかかえつつ・・・つづく

                                    

エビ1号が☆になってしまいました。。(´_`。)グスン 

2004.10.8(金)
 20:30  いつものようにエビ飼育瓶の様子を見たがエビ1号の動きが無い。
       揺すってみたが・・・いつもは動くのにやっぱり動きが無い。
       どうも☆になってしまったようだ。差し水をした時それらしい姿を確認した・・・短い間
       だったが楽しませてくれて有難う・・・。(T_T)/~~~
       
       第2次孵化部隊のエビ2号と3号は小さいながら今の所元気に遊泳中ですが少し 
       目を離すと見失ってしまうサイズです。
       2号と3号の捜索中にエビ4号の存在も確認した
       今度は3匹なのでなんとか生き残ってわたしの野望である、第2世代・第3世代と 
       繁栄して貰いたい。

                            なんとかここで終了することなく・・・つづく


エビ第2次孵化部隊その後・・・。

2004.10.17(日)
 09.00  このところぐっと気温が下がってきてエビの動きも悪いのでなかなか見つけるのが 
      困難だったが、本日捜索隊を編成し新兵器”虫眼鏡”と新技術”水槽揺すり”で捜索
      した結果・・・3匹のうち1匹しか発見できなかった。
      残りの2匹はやっぱり.。:*:゚'☆ .。:*:゚'☆ .。:*:゚☆になってしまったようだ
      またまたエビ伝説存亡の危機であるが、此処は話の(私の)都合上、今生存している
      エビをエビ2号と命名したい。(私が解り易いからだが・・・)
      この先エビ2号が☆になった場合もう卵は無いので、昔懐かしいシーモンキー(これ
      はブラウンシュリンプというエビで熱帯魚の餌として、卵が2500000個ぐらいはい 
      って700円ぐらいで売ってるので。)の飼育か、ミミズの飼育に変更しようかと思って
      ます。
      でもミミズの飼育は秘書殿の怒りに触れそうなので止めときます。
      そこでミミズの飼育では先駆者の方のHP・「ちいさな森・ミミズの飼育」が有ります。
      ミミズの飼育はミミズちゃんで生ゴミをリサイクルしようというものですから環境にも、
      女性にもやさしいお話です。他にも面白い内容満載なので一度覗いてみて下さい。

      エビに戻りますが、説明書に水温は20度以上を保つように書いてあったみたいだ 
      が、このところの京都の朝の冷え込みは結構厳しくて熱帯魚水槽の水温計は20度
      ぐらいになっている。
      この先もっと冷えると大変だ。熱帯魚はもう少し水温が下がったらヒーター入れる予
      定やけどエビは困ったな・・・使い捨てカイロでも貼っとこかな?だめですか・・・
                           

                                                        
↑マウスで指差ししてね!

                              ....( ̄〜 ̄;)?? と悩みつつ・・・・まだつづく


突然エビ2号が!

2004.10.22
 08:00  伝説挑戦から3週間あまりの今日、とうとうエビ2号が.。:*:゚'☆ .。:*:゚'☆ .。:*:゚☆になっ
      てしまいました。
      いつもは飼育瓶を少しゆすると、チョコチョコ動き回るのに今日は動きがまったくあり
      ません。
      新兵器で、隅々まで見ましたがやっぱり発見出来ませんでした。
      全滅です・・・o( _ _ )o ショボーン
      元々あまり数多く孵化しなかったので不安でしたが、1度目の全滅の危機は取り置 
      きの卵のおかげで何とかなりましたが、もう卵も残ってない。ヘ(´o`)ヘ とほほ・・・
      もう一度挑戦しようとホームセンターに行きましたが今はもう売ってません。お手上 
      げです。

    一体原因はなんだったのか?
      良く解りませんが、心配していた水温の問題ではないか?・・・自然界では初夏の頃
      田んぼに現れるそうです。もう少し早く始めていたら違った結果になったかも・・・。
      いずれにしても主人公が.。:*:゚'☆ .。:*:゚'☆ .。:*:゚☆になってしまったので今回の挑戦は
      私の野望を達成する事が出来なかった・・・つまり敗北でした。ヾ(_ _。)ハンセイ…
      ネットで再購入とも思いましたが、ここはグッと我慢して自然のサイクルに合わせて 
      来年また再挑戦したいと思います。
      短い間だったが色々楽しませてくれたカブトエビ君に感謝しつつ・・・。     
                               終わり・・・また来年・・・<(_ _)>